先輩社員の声VOICE

誰かが製品を見て、何か感じてくれたのなら、
こんな嬉しいことはありません。

制作課上石

2007年 入社

Q.ワタザイに就職を決めた理由。
学生の頃、授業で偶然にも会社見学をする機会があり、ワタザイという会社を知りました。それまでに見てきた工場は機械を使って、同じものを生産しているところが多かったのですが、ここでは機械はもちろんのこと、手刻みをする工程もありました。機械作業だけではなく、自分の手を使ってものづくりがしたい!と思っていた私にとってとても魅力を感じたのでワタザイに決めました。
入社当時には簡単な作業しかできず、指示されたことをそのまま作業することしかできない自分に落胆したこともありました…。そんな時に現場の先輩が、どんな仕事にも次の工程があり、その次に仕事をする人が作業しやすいように段取りをしなければならない、と教わりました。今、自分がやれる以上のことを少しでも多くやってみようと思えたきっかけです。私の大事にしている教訓です。
Q.仕事と向き合う姿勢。達成感。
製品をつくる際、図面を見て、完成形をイメージするのですが、つくる方法や順番を考えてひとつの製品をつくりあげることは何とも言えない達成感があります!時には切り間違いや、加工の方法を間違えたりなど失敗することもありますが、失敗から学ぶことも多く、とてもやりがいのある仕事です。失敗を恐れずにチャレンジすることで「カイゼン」に繋がるのだと思っています。
私が初めて自分が加工した製品が取り付けてある現場を見た時の感動は今でも忘れられません。現在も竣工後の現場を見ることがありますが、いつ見ても感慨深いものがありますね。ある大工さんからは、自分のつくった製品に自信をもつように!と言われ、その言葉も私の背中を後押ししてくれています。誰かが製品を見て、何か感じてくれたのなら、こんな嬉しいことはありません。仕事へ取り組むにあたり、モチベーションが上がります。

その他の先輩社員の声VOICE